Topic List » I knew but

I knew but

君と歩く帰り道
知らず遅くなる足取り
いつもより遠回りした知らない路地裏で
すれ違う人を横目に他愛も無い言葉たち
肝心な事は話せずに
いつの間にか見慣れた道

初めて触れた指先
抱きしめてほしくて
そんなこと言えなくて

手放した温もり 絡む視線逸らした先
消えかけの月明かりと共にこの想い消されないように
深く息を吸い込み
見つめる瞳その奥に
僕はうつらないね
知ってたはずなのに

まるでパズルのような日々
手探りで重ねる毎日
君色で染まったピース
一つずつ増やしてく

戸惑いながら、はにかむ顔
言葉探しながら話す声も仕草も
この目に焼き付けてく

落ち込んだ肩と苦笑い
強がる横顔、僕は何が出来るだろう?

不意に近付く距離 絡む吐息 重なる瞬間
止まらない時間の流れと共にこの想い消されないように
浅く息を吸い込み
見つめ合う瞳その奥
やっぱり僕はうつらないね
知ってたはずなのに
| Report

Comments

Please login to send a comment to f:鳴海 彩子. (Terms of Service